介護講習は一般講習以外に、介護に関する基本的な知識・実技修得のための介護講習42時間と、介護場面を意識した日本語講習を行っています。介護職が「単純な仕事」「単なる作業」といった理解を避けるため、根拠や理由を説明し実際の生活場面の具体例を交えて演習を行います。 技能実習生の能力を伸ばす充実とした講習内容

介護講習内容

介護の日本語講習 介護の導入講習
介護の理念 介護の基本
コミュニケーション コミュニケーション
施設内の場所と働く人 移動の介護
介護食の種類 食事の介護
体の部位 衣類着脱の介護
病気・けが・症状 排泄の介護
介護用具 身体の清潔・入浴の介護
座位・臥位
images
合計研修時間(22日)
176 時間
※介護講習の日本語学習は120時間~240時間です。状況に応じて調整できます。
上記内容の合計費用
100,000
税込:110,000円
オプション(実費): 血液型含む健康診断
  • 11,000円(税込)
介護講習✙介護職員初任者研修課程(N3レベルで平日28日)
180,000
税込:198,000円
講習手当から食事費2万5千円を徴収
介護講習✙介護職員初任者研修課程(N4レベルで平日33日)
210,000
税込:231,000円
講習手当から食事費3万を徴収
※当研修センターでは、講習の進捗を確認できる週報と、3回のテストと面談を踏まえた評価表を組合様に提出いたします。また、日報は「申し送り」を意識した形式となっており、実習生の日本語力・受講態度を確認できるだけでなく、 実際の介護現場での文章作りを実習生達に意識付けしています。